diary

2009年6月


6/30(火)
いつも行くエノテカではワインを1杯注文すると、こんなおつまみがいつも付いてくる。
詳細はブログで
6/29(月)
お隣に住んでいるお姉さんの家のワンちゃん。[ポロ]って吊前。pollo=にわとり?
詳細はブログで
6/28(日)
Senigalliaに海水浴に行った。
とはいってもほとんど日光浴。
イタリア人はあんまり海にはいらないで日焼けだけしてる。
小さい子はスッポンポン。
海の中にシャワーがあるのがなんかシャレてるよね。
詳細はブログで
6/27(土)
スーパーでこんな冷凍食品を発見。
味付け済!鍋にいれて煮るだけでムール貝のスープやパスタソースができる
詳細はブログで
6/26(金)
アメリカ人の学生さんたちの最後の発表会の日。
劇場ではなくて、美術館で行われると聞いて何で?と思ったけど、 絵画や調度品があるので演出的にすごくよかった。
2週間前より完成度が上がって見ごたえがあったし、最後に[VOLARE]を大合唱して盛り上がっ た。
終わってから親睦会があって、飲みまくり、気づいたら3時。ヘトヘト……
まわりの人たちはまだまだ飲んでいた。元気だなぁ〜
詳細はブログで
6/25(木)
午後の授業はFANOのワインセラーをオーストリアの高校生と社会見学に行った。
ワインの試飲もあって、彼女たちも飲んでいた。18歳なのでお酒飲んでもいいらしい。
詳細はブログで
6/24(水)
魚屋に行った!
URBANIAの人はあまり魚を食べないのかと思っていたけど、結構混んでいて次々に魚が売れてい く。
何だろう?この魚[Code di Rospo]直訳するとヒキガエルの尻尾。
詳細はブログで
6/23(火)
午後の授業はオーストリアから来た高校生たちと一緒に陶器の工房を訪ねた。
みんなの見ている前でろくろを体験。何とかうまく行った。ふぅ〜〜〜
詳細はブログで
6/22(月)
イタリア語のレッスンで[VOLARE]を練習することになった。アメリカ人の歌のプロに混 じって歌うだなんて、なんて酷な....。口パクでごまかしている。
写真は夕暮れ(といっても8時半過ぎ)のPalazzo Ducale
詳細はブログで
6/21(日)
今日もデザイン講習会があった。 テーマは[Il desegno come forma(形)] 何がなんだかわからないうちに私も制作することに...。
そして、またまたお祭りへ行き、BARでコンフェデレーションズカップのイタリア対ブラジル戦 を観戦。
(3−0でイタリア惨敗予選リーグ敗退)
その後は砂絵アートと音楽(クラリネットとサックス)のコラボライブを見に行き、終了後ワイ ンを飲みながら懇親会。
盛りだくさんの1日でした。 詳細はブログで
6/20(土)
Il desegno come divulgazione(普及、広めること) というテーマでデザイン講習があった。 テーマを選んで色や形で表現するというものらしかった。
最後に長くて大きな紙に自分のシルエットを形とって、 そこに各自表現することになって、私にも参加を促された。 詳細はブログで
6/19(金)
今日から3日間、町のお祭りがある。
いわゆる町内の盆踊りみたいな感じ。 お年寄りが華麗なステップで社交ダンスを披露。
さすが、イタリア! 詳細はブログで
6/18(木)
コンフェデレーションズカップのイタリアvsエジプトをBARに見に行った。
途中、テレビを玄関前のガレージに持ち出して家族総出で見ている家もあったり。
結果は1-0でイタリアの負け。シュート数はイタリアがかなり上回ってたのに全然決まらなかっ た。
日曜日はブラジル戦だ〜。
詳細はブログで
6/17(水)
午後の授業はURBANIAの散策。
この町には橋が4つあって、その内の一つはこの地方の産業のマジョリカ焼きを橋で壁に並べて 乾かして、失敗作は川に投げ捨てたといわれる橋に行ったら“ 愛を誓う”南京錠が付いていた。
Baciチョコのデザインの南京錠はなかなかのアイデア。
[別れたら鍵を開けて取って川に投げ捨てるんですか?]って質問した。
詳細はブログで
6/16(火)
午後の会話の授業でイタリア版人生ゲームをした。
コマを進めていって最終的にお日様コインが手元にたくさんある人が勝ち。
止まった場所に書かれていることに従って、お金(リラの設定なのでちょっと古い)をもらったり没収されたり。条件がついていて、例えばお昼にパスタを食べた場合は免れる、と書かれていたら食べてなくても[食べた食べた〜]と言い張ったり。
日本ではイマイチなのに、URBANIAでは、なぜかゲーム運がいい。冬に来たときもTMBORA(イタリア版BINGO)でも何度も勝った。
LOTO買ってみようかな?
詳細はブログで
6/15(月)
キッチンの窓の外に小鳥の餌箱が掛けてある。
餌を食べに小鳥たちがよくやってくる。
窓に近づくと逃げてしまうのでなかなか写真を撮ることが難しい。
6/14(日)
Raffaellaが[生垣の手入れを業者に頼んでるのに、何度電話しても出ない〜!] とシビレをきらして、昨日から自分でやり始めた。
広いし一人じゃ無理でしょ〜と手伝い始めたけど、広いからやってもやっても終わらない。午前 中の涼しい時間帯でも暑くて暑くて、くっきり靴下の痕がつくぼど日差しが強い。
電動ノコを扱うのはかなりの重労働。私は枝きりバサミで切り残りのフェンス近くの枝を少しず つ切る役割。それでも、握力の限界にチャレンジしたって感じ。
労働の後はビールビール〜〜と冷蔵庫をのぞいたけど、ビール切らしてた〜買っておかなきゃ! 詳細はブログで
6/13(土)
この時期は土曜日も魚屋さんが開いていると聞いたので、アサリとムール貝を買いに行った。
お昼はボンゴレスパゲッティ、夜はzuppa di cozzeを作った。
zuppa di cozzeのはずだったのに、貝の口が開かない….なぜ?
夜はファッションの学校の生徒さんのファッションショーがPiazzaであったので見に行った。
日本人にはう〜〜〜〜ん………って感じのものが多かったかな
6/12(金)
Piobbicoのお城見学に行った。
冬に行った時は寂しい感じがしたけど、今の季節は人が外に出てるし、活気がある。
Centroで黄色い花びらを籠にいっぱい入れていたおばあさんがいて、道路に花びらを敷き詰めるお祭り[インフィオラータ]があるので準備しているとのことだった。
夜の9時からは同じ語学学校に通っているアメリカ人のオペラの学生さんたちの発表会がお城で あった。
授業の時はやる気のなさそう〜な子もまったく別人みたいだった。Blavissimi
詳細はブログで
6/11(木)
マルケ州地方のパスタ passatelli
ブロード(スープ)に入れてシンプルに食べるのがオーソドックスなんだけど、 少し物足りないので、サルシッチャを少しとトマトを少し入れようとしたら、Raffaellaに [ダメよ〜]と却下。こっそりペペロンチーノを入れたら見つかってしまって、 [もう〜あなたたち日本人は何でも入れたがるのねぇ〜]と呆れられた。
詳細はブログで
6/10(水)
トカゲがやたらと多い。道を歩くと人の気配を感じてササ〜ッっと草影に入っていく。
詳細はブログで
6/9(火)
この前は冬に来たので、日差しの違いをすごく感じる。
Piazzaに行ったら顔見知りに次々と出合って、ここでも[Boun Tornata!]
詳細はブログで
6/8(月)
4ヶ月ぶりに懐かしの語学学校へ。
前回はほぼ一人だったのに、今回はアメリカ人のオペラ歌手志望の学生さんであふれかえっている。
机などの調度品も立派になっていた。
顔なじみの人たちが[Boun Tornata!]
夜はRafaellaの友達やお姉さん、同居人の日本人の学生Aちゃんとサルシッチャ(ソーセージ) 暖炉で焼いてパーティをした。
詳細はブログで
6/7(日)
犬たちと一緒に散歩。
詳細はブログで
6/6(土)
URBANIAへ移動。9時前の電車に乗って、ミラノで預けた荷物を取りに行って、URBANIA到着が6時半。
ふぅ〜〜〜長旅だった〜〜〜。
今回は先回来たときに太極拳教室で知り合ったRaffaellaの家にごやっかいになる。
ここんちは大きな犬が3匹いる。日本人の学生の女の子が先客でいた。
[日本語禁止]....いつまで続くことか????
詳細はブログで
6/5(金)
Palazzoを見学したり、博物館に入ったりと今日もせっせと見学。
IKEAの宣伝カー黄色いFIATTO500が街のあちこちにあって、黄色いガーベラを配っていた。
詳細はブログで
6/4(木)
TORINOへ 観光客用のパスがあって、美術館や博物館が入り放題、バス、トラムが乗り放題というパスを買ったので、やたらとトラムに乗りまくった。
結構みどころも多い。
モーレ・アントリネッリアーナは国立映画博物館になっていて、かなり楽しめる。
ポー川沿いも散歩した。
詳細はブログで
6/3(水)
ミラノに住んでいるEちゃん、Kちゃん夫婦とレストランに行った。
牛タンにバジルソースがかかってるのと、OSSO BUCOという仔牛の煮込み料理が美味しかった。
詳細はブログで
6/2(火)
午前中はダム湖を見学、お昼ご飯を食べてからミラノへ。
途中で小さな町に寄ってちらっとコモ湖を見てから、LECCOに寄った。
LECCOは観光客でいっぱい。
4泊5日のBORMIOの旅も終わり〜楽しかった〜。
詳細はブログで
6/1(月)
午前中は街中でお買い物。
午後はお待ちかねの温泉へ。
この街にある3つの温泉のうち2つが改装中で、人でいっぱい。 2時半に予約したのに1時間入り口で待った。ロッカーが足りなくて、誰かが出ないと入れない状態。
庭にいろんなタイプの温泉があったけど、ぬるいのでこの季節ではまだちょっと寒い。 もちろん室内にもいろんなタイプの温泉がある。
詳細はブログで

diary topへ

(C)chiyoe uchida furuichi