diary

2005年3月


3/31(木)
今年初のざるうどん。そろそろいい季節になってきた。最近お気に入りのメーカーの麺。ここのは少々茹で過ぎてもコシがある。他にカレーうどん、きしめん、うどん、釜揚げうどんがある。
3/30(水)
昨日は風も強かったので、だいぶ花粉を吸い込んだみたい。
寝ているあいだにメヤニが出て、それが乾いてマブタがくっついて目が開かなかった。
ちょっと変わった形のパスタを発見したので、買った。茹であがるのが早いし、ソースがよくからむ。残り物の野菜(アスパラ、エンリギ)とガーリックを炒めて、潰れちゃったトマトと塩、白ワインで付けのテキトーソース。
3/29(火)
万博のボランティア初体験。私は巡回という役目で指示されたエリア内を回って困った人を見かけたら声をかけて助けたりするのが主な仕事。でも、聞かれるのは場所や待ち時間。初めて行ったところなのに答えられるはずもない。会場内についての事前説明会もなかった。来場者からみればボランティアだろうがスタッフだろうが関係者と思うから何でも聞いてくる。結局役立たずのままだった...。
帰りのリニモ乗り場からみた名古屋の中心。
3/28(月)
ちっこい鳥を作った。ちっこくても作る時は発砲スチロールの削りカスが家中に散っていく。掃除機もすぐフィルターチェックサインがついてちょっと大変。
3/27(日)
イタリアインテリア研究会で新しくできたサルデーニャ料理の店に行った。
ちょっとお値段高めだけど、おいしかった。
研究会のボス(?)であるA先生の「星の照明」の個展にも行った。すてきだった。
3/26(土)
今日はスケッチ教室→文章講座と忙しい。文章講座は藤が丘駅の近く。帰りは万博帰りの人で結構混んでいた。これからは講座の帰りに夜の万博会場に行ってみようかな。
スケッチ教室は作品展の批評会。描き込み過ぎとの指摘が...
いつものフラットな感じのスケッチの方が評判がいいみたい。
「こまものや」で買った雑貨からイメージして描いたスケッチ画。
3/25(金)
「愛・地球博」開幕!なのに雪だよ〜。3月下旬に雪が降るなんて...。
サッカーのイラン戦を見ているうちにうたたねをしてしまった。験をかついて「カツ」食べてワイン飲んじゃったら、眠くて眠くて...勝敗はどっちでもいいや状態。次ぎは絶対勝つぞー!
3/24(木)
T子が子供の保育所から指定されたキルティングの鞄を作り(作らせ)にうちにやってきた。T子はミシンを持っていない。ミシンを使わなければならない時がやってくるとは思っていなかったらしい。布や糸、名前シールなどいろいろ買い揃えたら6000円もかかってしまって、びっくりしたらしい。しかも買い物に1時間もかかってしまったそうだ。お金も時間もかかり過ぎ。まぁ、無事出来上がってメデタシメデタシ。
3/23(水)
ここんとこ毎日が仕事や作品作りの締めきり日なので、息つく暇がない。
こんな時は癒しが必要だ。最近のMy癒しはこのクレマチス。
3/22(火)
物産展で買った焼うどんを食べるのを忘れていた。麺の断面の形が変わっている。
ひと袋3人前だったのに半分茹でてしまって、大盛りになった。もちろん、全部食べた!
3/21(月)
文化センターのスケッチ教室の作品展の搬入。今回は花を描いた。花の単品は好きだけど、束は苦手。苦手だとつい描き込みすぎる。
3/20(日)
「こまものや」へ行ってきた。皆さん趣向を凝らした作品をいろいろ作っていた。店の前に大きなミモザの木があって、花が咲き始めていてきれいだった。我が家にもミモザがあったけど、カイガラムシにやられて枯れてしまった。
3/19(土)
花粉症がひどい!北海道物産展で買った天然ハッカ油が大活躍。一時的に鼻がスーッと通る。
3/18(金)
北海道物産展でミニ牛乳瓶に入ったレアチーズケーキ(?)を購入。かなり濃厚な味だった。テイクアウトできないけど「焼き牛乳」というものがあって、牛乳の上に焦がしたカラメルが乗っていておいしそうだった。
3/17(木)
守山区にある毎月20日から1週間だけ開いているカフェ&雑貨ギャラリー「こまものや」に作品を出すことになった。今月のテーマはガーデン。イタリア語でハーブの名前をシルクスクリーンで布に刷った生地でガーデンエプロンとテーブルクロスを作った。
3/16(水)
仕事の帰りは丸栄→三越→ラシックと立ち寄るようになった。ラシックの地下の豚マンは1個100円でその場でチ〜ンして食べることができるので、ちょっと小腹は減った時にちょうどいい。
3/15(火)
ペットボトルのお茶を買う時、いつもおまけがついているものを選んでしまう。
がっかりすることもあるけど、基本的には小さいもの好き。
「一」というお茶についているおまけは茶園風景シリーズと縁側シリーズがあってミニミニジオラマ風でモーレツに全種集めたい気持ちになった。...のに、茶園風景シリーズ其の六と縁側シリーズ其の一を手に入れたところで、おまけ付きのペットボトルがなくなってしまった...どこかで売ってないかな?
3/14(月)
盗まれたスクーターが出てきたと警察から電話があった。「警察署ですが...」と若い声だったので、オレオレ詐欺かと思ってかなり邪険に対応してしまった。派出所で別の警官さんにその話をすると「私らも迷惑してるんです。信じてもらえないことが多くて」と言っていた。
3/13(日)
今日は昼間に雪が降ったり、風も強くて、また寒くなって冬に逆戻り。一度寒くなっても 一度飛び始めた花粉は逆戻りしてくれない。
そんな中マスクをしてシルク版(太陽光に当てて感光させるため)を作るために庭に出た。
雪柳の花が咲いているのを発見。
3/12(土)
スケッチ教室の作品展が来週からあるのに、描いていない。どうしよう〜。教室で悶々としながら描いていたのが、なかなかいい線で描けた。あんまり考えずに描いた時の方が良かったりする。
3/11(金)
かなり雨が降った。花粉症には恵みの雨ってとこだ。
玄関先のラベンダーも咲き始めた。
3/10(木)
久しぶりに寿司屋さん『O寿司』に行った。仕事先のH氏に御馳走になった!O寿司は創作寿司の種類が豊富で、白エビに塩こんぶを乗せてそのまま食べるとか、トロをあぶって塩で食べるとか、ハズレがひとつもない。つまみで食べた白子を焼いた一品は、今日の一等賞。
3/9(水)
昨日の夜から花粉症を発症。去年、一昨年とほとんど症状が出なかったので、治ったつもりでいたのに...。
ここんとこ、メニューに困った時に作る一品。豚ヒレ肉の固まりを5mmの厚さに切って塩コショー、ハーブを適当に振りかける。小麦粉をつけてオリーブオイルで両面焼いて、白ワインをぶっかけてアルコール分を飛ばせばできあがり。5分くらいあればできちゃう。豚ヒレ肉は安い時に買っておいて冷凍しておくといい。
3/8(火)
近所に住んでいる画家のKさんが犬の散歩をしながらひょっこり訪ねてきて、 家のまわりに咲いている○○○(名前聞いたのに忘れた)を株分けしてくれた。葉っぱの形がかわいい。
生命力があるので、すごく増えるとのこと。我が家は放ったらかしでも育つものしか残っていないので、 新たな勢力争いが楽しみだ。
3/7(月)
今週もいきなり忙しい。確定申告書を書き上げて提出したので、ひと段落。今年こそ間違えずに書けたと思ったのにやっぱり間違えて訂正した。あ〜、めんどくさい。
玄関先のバラの新芽が出始めた。
3/6(日)
昨日の帰り、酔っぱらっていたのか、靴のつま先の底がはがれているのが原因か、駅の階段で転んで顔(左の頬骨)をぶつけた。「ゴンッ!」とすごい音がしてまわりの人が一斉に「大丈夫?」と声をかけたそうだ。足は青アザができているのに顔は全然、青アザになっていない。笑ったりすると痛いのに、かえって無気味だ。ツラの皮が厚いってことか?
「ためしてガッテン」で紹介されたワサビ風味のオリーブオイルドレッシングを作ってカルパッチョを作ってみた。なかなか美味しい!
3/5(土)
友達の後厄の厄払いについて国府宮神社に行った。今年で4回目。これでしばらく厄年がいなくなる。仲間の親戚のおじさんが顔ききでいつも案内をしてくれたり、祭りのお餅を分けてくれたりする。
我々的には厄払いの後の飲み会がメインだったりする訳なんだけど。
写真の鳥居の形態(支柱のサイドにサブがついているタイプ←どう表現したらいいものやら?)は厳島神社とここだけらしい(おじさん談)
3/4(金)
ランチでみそヒレカツを食べた。ヒレカツは自分で揚げることが多いけど、久々に外メシで食べた。つけ合わせのキャベツがおかわりできるし、生卵もサービスでついていた。生卵のぶっかけご飯もここ数年食べてなかったな。
3/3(木)
スペインの公募展ラストスパート!去年参加した人達の中で、買い上げられたのは和のモチーフのものだったそうなので、ちょっと意識してみた。サクラのスタンプでやってみたけど、結局うまくいかなかった。いつもの文字モチーフのものはやっぱり好きだ。スペインでこれをやってみても、という感じではあるが...。
3/2(水)
今日はダンナが出張。仕事の帰りに好きな魚介のお惣菜などを買って好きなもの作って食べた。
小さな幸せを感じてしまう。
3/1(火)
もう、3月なのね。早い!でも、2月より寒い気がする。
スペインで10cm角の版画の公募展があるので、応募するための作品作りに勤しんだ。小さいと楽かと思いきや、版を作るのが細かくて結構大変。場所をとらない分、作りやすい。

diary topへ

(C)chiyoe uchida furuichi